つまらない仕事ランキングワースト10+α!充実感を高めるための戦略

働き方
※プロモーション広告が含まれる場合があります
※プロモーション広告が含まれる場合があります

今の仕事つまらなくて充実感がない……

このような悩みがある人に向けて「つまらない仕事ランキングワースト10」「仕事の充実感を高めるための戦略」を書きました!

私は工場勤務で働いていましたが、まったく充実感がありませんでした。

その他「つまらない仕事(職場)から脱却する方法」も紹介しています。

この記事を読んで、あなたに合う仕事の充実感を得る方法を探ってみてください。

サイトを運営している人
たかちゃん

【経歴】製造業での転職回数10社以上 ▶︎ クラウドワークス歴3年 ▶︎ ブログ2年目|アフィリ月3桁達成!|A8パール👑|Webライター歴3年|取得資格:日商簿記2級・FP3級|#リベシティ(ペンギン会員🐧)|お仕事の依頼は、お問い合わせフォームまで

たかちゃんをフォローする

つまらない仕事ランキングワースト10+α

まずは退屈な仕事ランキングワースト10をご紹介します。

このデータは、ある海外企業が1300の職種に就く人々を対象にアンケート調査を行って明らかになったもの。

1位:法律関係の仕事
2位:企画マネージメント 
3位:サポート事業
4位:財務管理
5位:コンサルティングと経理
6位:金融サービス&銀行
7位:エンジニアリング
8位:販売
9位:マーケティングと広報
10位:人事課

出典:https://rocketnews24.com/2017/02/24/866262/

固い印象のある仕事やルーティンワークが多い仕事が多くランクインしている傾向です。

また業務量が多く長時間労働を課せられる仕事もランキングワースト10に入っています。

とはいえ、給与面では高収入を得たり安定企業の特徴も。

退屈な仕事ランキングワースト10はあくまでも参考程度に留めるほうがいいでしょう。

工場勤務

ここからは私が体験したつまらない仕事を紹介します。

私は工場勤務で製造作業員として働いていました。

仕事の内容は「ライン作業」「機械の組み立て」「オペレーター業務」といった感じ。

つまらないと感じた理由はこちらです

  • ルーティンワークが多い
  • スキルアップできない

単調な作業が多くスキルアップできないので将来に対する不安が増殖しました。

そのため休日の生活も目的を失ってしまい、毎日を悶々とした生活に。

日本ではモノを買う人が少なくなっているため、工場勤務は収入面から見てもオススメできません。

つまらない仕事と感じるのはどんなとき?

  • 単純作業が多い仕事
  • 長時間労働が強いられる仕事
  • 成長を感じられない仕事

このような場面が多い職場だと往々にしてモチベーションの低下や職場ストレスの増加を招きます。

詳しく1つずつ解説します。

単純作業が多い仕事

単純作業は毎日同じ作業を繰り返すことが特徴。

そのため新鮮味がなくつまらなく感じてしまいます。

また、今後AIに奪われる可能性が高いので、単純作業が多い仕事に従事している人は転職を視野に入れる方がいいかもしれません。

長時間労働が強いられる仕事

残業が当たり前になって長時間労働させられるとつまらなく感じてしまうでしょう。

その要因はこちら

  • プライベートな時間が減る
  • 心身ともに疲弊する

長時間労働が多くなると「ON⇔OFF」の切り替えが難しいため人生の充実感を得られにくくなります。

国の働き方改革で企業は長時間労働を減らす傾向にあるので、あなた自身の働き方の見直しを図る必要がありそうです。

成長を感じられない仕事

働いていても成長を感じられないと思うことありませんか?

私は工場勤務の仕事をしていたときに「このままでいいのか」と不安になってしまうことありました。

仕事自体はハードではなかったのですが考えすぎてしまい体調を崩してしまいました。

過去の反省を踏まえて、成長を感じることのできる仕事を目指す方向にシフトするきっかけになりました。

仕事の充実感を高めるための戦略2選

「仕事のやりがいを感じるにはどうすればいいの?」

結論、現状を見つめ直すことです

  • 熱中できることを探す
  • ワークライフバランスを構築する

1つずつ解説していきます。

熱中できることを探す

まずはポジティブな気持ちを育てることが重要です。

例えばこのような考え方です

  • 小さなところから目標設定する
  • 自分の心に正直になる
  • 新しいことにチャレンジする

いきなり仕事を辞めたり転職したりといった大きなところから始めるのではなく、現在働いている仕事の中であなたが「集中できる」ことを探す感じ。

小さいところから見つめ直し、自分の心に問いかけていくことを繰り返すと「やりたい仕事」に近づけます。

あるいは仕事外でも構いません。

毎日全力で「熱中できること」に触れていくと新しいことにチャレンジする意欲が芽生えます。

興味あることに取り組んでいけば自己肯定感アップになり「やりたい仕事」を見つけるきっかけをつかめるはずです。

ワークライフバランスを構築する

仕事の充実感を高めるための戦略のもう一つは、ワークライフバランスを構築すること。

ワークライフバランスは心の余裕が生まれ人生を楽しむことができます。

一方で長時間働くのが日常になると、プライベートを楽しむための時間が不足して健康で充実した生活を送れなくなることに…。

とはいえ、長時間働いてる人にとっては仕事でストレスや不満を感じるので、まずはこのようなことを意識してみましょう

  • 仕事とプライベートの境界線を明確にする
  • 有給休暇を使う
  • 家族や趣味の時間を重視する

仕事とプライベートの両方に十分な時間とエネルギーを割り当てることで、心身の健康維持につながり仕事の生産性を高めることもできます。

つまらない仕事(職場)から脱却する方法

「仕事の充実感を高めるための戦略」を解説しましたが、つまらない仕事を選択しないのが一番の解決策。

つまらない仕事(職場)から脱却する方法2つを紹介します

  • 自分の市場価値を高める
  • 将来のキャリアプランを立てる

自分の市場価値を高める

つまらない仕事(職場)から脱却する方法一つ目は「自分の市場価値を高める」

自分の市場価値を高めれば優良な企業から注目されます。

詳しくはこちらの記事で紹介しているので、興味ある方は是非ご覧ください。

将来のキャリアプランを立てる

つまらない仕事(職場)から脱却する方法二つ目は「将来のキャリアプランを立てる」。

令和時代の働き方は多様化しているので、あなたに合う働き方を選ぶ必要があります

  • 一つの会社で働く⇒
    昇進・昇給を目指す
  • 転職・独立⇒
    スキルアップする

将来どのようになりたいのかイメージしてから、それを実現させるために今どうすればいいのか考えて実践する流れ。

実践することで「つまらない仕事」から脱却の糸口をつかめるはずです。

まとめ:あなたの成長戦略を考えてみよう

「つまらない仕事ランキングワースト10+α!充実感を高めるための戦略」を解説しました。

つまらない仕事と感じるのはどんなとき?
  • 単純作業が多い仕事
  • 長時間労働が強いられる仕事
  • 成長を感じられない仕事
仕事の充実感を高めるための戦略2選
  • 熱中できることを探す
  • ワークライフバランスを構築する

つまらない仕事は環境によるものが大きいので気づくことが大切。

日常生活から見直していけば、あなたの「やりたい仕事」が見えてきます。

「つまらない 仕事」と検索するのは卒業して、「自分はどのように成長できるのか」に視野を向けてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました