クラウドワークス初心者は稼げない?経験から学んだ5つの対策法

副業
※プロモーション広告が含まれる場合があります
※プロモーション広告が含まれる場合があります

  • クラウドワークスを始めたけど、ほとんど稼げない……
  • 稼ぐにはどうすればいいの?

私もクラウドワークスでライター案件を受注していましたが、最初は月1万円稼げるかといった感じ。

クラウドソーシング初心者だと稼ぐのは簡単ではありません。

そこで今回は「クラウドワークスで稼げない」人のために以下の内容を紹介します

  • クラウドワークスで稼げない原因
  • クラウドワークスで稼ぐための対策法
  • クラウドワークス以外で稼げるサイトの紹介

クラウドソーシング初心者は、とりあえずクラウドワークスに登録して「初心者卒業」を目指すほうがいいですよ。

そうすれば次への選択肢の幅を広げることができます。

サイトを運営している人
たかちゃん

【経歴】製造業での転職回数10社以上 ▶︎ フリーランス活動3年 ▶︎ ブログ2年目|アフィリ月3桁達成!|A8パール👑|Webライター歴3年|取得資格:日商簿記2級・FP3級|#リベシティ(ペンギン会員🐧)|ブロガー&デザイナーに挑戦中⚔️|・生活の知恵を磨いています

たかちゃんをフォローする

クラウドワークスは稼げない?初心者がおちいる罠

クラウドワークスで稼げないのは、実態を知らないから。

実態を知ることで対策法も見つかるので、クラウドワークス初心者がおちいる罠を3つ紹介します。

低単価で作業してしまう

クラウドワークスには初心者を狙った報酬の低い案件が…。

低単価案件
  • Webライター
  • データ入力
  • アンケート

私もクラウドワークスを始めたときは、データ入力やアンケートの作業に時間を費やしていました。

クラウドワークス初心者は、このぐらいの報酬しかもらえません。

データ入力・アンケートWebライター
クラウドワークス初心者月1000円程度月1万円程度

Webライター案件は文字単価0.1円の低単価案件がありますが、その場合だと月1万円さえ稼げないことに…。

クラウドワークス初心者は、最初は実績を積む必要はあり低単価案件の仕事しかできないです。

しかしある程度実績を積んだら、文字単価0.5円以上の案件を探しましょう!

クラウドワークスの手数料は高い

クラウドワークスでは「1案件報酬10万円以下」の場合、システム利用料として20%報酬から差し引かれます。

例えば、1万円報酬をもらっても最終的には8,000円の受取金額に。

システム手数料20%は、クラウドワークスを続けるほど負担になります。

クラウドソーシングのBizseekだと、報酬額が10万円以下でもシステム利用料10%なのでお得です。

悪質クライアントがいる

私はクラウドワークスでWebライターとして活動していましたが、「納品してから1週間以上連絡がない」「契約を途中で切られる」といったことがありました。

また募集要項と契約後の作業内容が違ったり、契約金額が違ったりといったことも…。

そのほかにも、詐欺案件に誘導したりメルマガに勧誘したりといったクライアントも存在する実情。

稼げないだけでなく時間のムダにもなるので、十分気をつけましょう!

クラウドワークス稼げないのは時間単価も関係ある

クラウドワークスでは、時間単価が最低賃金を大きく下回ってしまうことも…。

その理由は、以下の3点

①クラウドワークス初心者は時間単価制でも稼げない
②プロジェクト形式は契約までに時間がかかる
③初心者は作業に時間がかかる

1つずつ紹介していきます。

クラウドワークス初心者は時間単価制でも稼げない

クラウドワークスの時間単価制とは、以下の内容です

  • 実際にワーカー(受注者)が稼働した時間に応じて報酬を時給換算で支払う方式

例えば、システム開発は時間単価は比較的高いですが、専門的な知識が必要に。

また業務内容などによって時間単価に差はあります。

そのほか、固定報酬制と比べると案件数が少ないので、なかなか仕事が見つからないといったことも…。

クラウドワークス初心者は、固定報酬制の案件を探すほうが現実的でしょう。

プロジェクト形式は契約までに時間がかかる

クラウドワークスで稼ぐには、プロジェクト形式で作業するのが必須条件。

プロジェクト形式で応募から契約までの流れは以下のとおり

①求人を探す
②応募する
③採用を待つ
④条件交渉する
⑤契約する
⑥仮払いされて仕事スタート

応募後はクライアントの返答待ちになるため、場合によっては1週間前後かかることも。

返信を待っている間はBizseekCraudiaクラウディアなど、ほかのサイトと合わせて利用する工夫も必要になりそうです。

作業時間に時間がかかる

クラウドワークス初心者は契約後の作業時間はかかってしまいがち…。

またクラウドワークスの作業プロセスの理解にも時間がかかることも。

私が初めてライター案件で作業したときは、3,000文字で10時間かかりました。

時給換算すると300円。

最初は作業プロセスの理解やスキルを上げることに専念し、時給換算は気にしないほうがいいですよ。

クラウドワークスで稼ぐための対策法【経験から学んだ5つの教訓】

ここまではクラウドワークスで稼げない原因を紹介しました。

悩むビジネスパーソン
悩むビジネスパーソン

クラウドワークスで稼ぐにするにはどうすればいいの?

これから5ステップに分けてお伝えしていきます

①プロフィール欄の充実
②タスク形式は早く卒業
③相場に見合う案件を探す
④とにかく応募する
⑤継続案件を勝ち取る

体験談も交えて紹介します。

プロフィール欄の充実

多くのクライアントは、応募内容だけでなくプロフィール欄もチェック。

プロフィールは以下の項目を充実させましょう!

  • 「スキル登録」
  • 「ポートフォリオ・経歴登録」
  • 「本人確認」とNDA(秘密保持契約)

プロフィール欄はその人の特徴や実績をアピールできる場。

信頼性のある情報を記載して、採用率を高めていきましょう。

タスク形式は早く卒業

クラウドワークス初心者は、「データ入力」「ライティング」「アンケート」などタスク形式で実績を積み上げていくのが基本ルート。

しかし、ある程度実績を積み上げたらタスク形式は卒業しましょう。

タスク形式は1案件当たりの金額が低く稼げません。

クラウドワークスの案件は「タスク形式」「コンペ形式」「プロジェクト形式」の3種類。

プロジェクト形式はタスク形式と比べると難易度は上がりますが、案件を取れれば月1万円以上稼げます。

相場に見合う案件を探す

プロジェクト形式でも低単価案件は多くあるので、そのような案件は避けるべき!

相場に見合う案件に絞るほうがメリットがあります。

例えば、Webライターの場合は初心者でも文字単価0.5~1円くらいの案件を探しましょう。

文字単価0.5円~1円の案件は、ある程度作業マニュアルが完備されているので、ライティングスキルなど効率よくスキルアップできます。

とはいえ、クラウドワークスでは「お小遣い稼ぎ」の感覚と、「スキルを積むための勉強」ぐらいの気持ちで作業するほうがいいかと思います。

とにかく応募する

クラウドワークスのプロジェクト形式は応募者も多くいる実情。

私の感覚では、10件応募して1件採用されればOKという感じ。

数撃てば当たることもあるので、悪質案件に注意を払いながら手あたり次第に応募していきましょう!

継続案件を勝ち取る

クラウドワークスプロジェクト案件の応募要項には「継続依頼」と書かれている案件も。

継続案件なら作業マニュアルもそれほど変わらないので、作業時間を大幅に減らせ時間効率が格段にアップします。

プロジェクトの単発案件で実績を積みあげたら、継続案件を狙う形はありですね。

クラウドワークス以外で稼げるサイト7選

①Bizseek(ビズシーク)
②Craudia(クラウディア)
③Lancers(ランサーズ)
④サグーワークス
⑤Midworks(ミッドワークス)
⑥レバテックフリーランス
⑦クラウドテック

1つずつ紹介していきます。

クラウドソーシング

  • 企業や個人がインターネット上でビジネスをするためにマッチングさせるサービス

まずはクラウドワークスと同系のマッチングサイトを紹介。

クラウドワークスと合わせて登録することで、副業のプラットフォームにできるでしょう。

Bizseek(ビズシーク)

Bizseekの特徴は、システム利用料がクラウドソーシング業界でも最安値なところ。

サービス開始システム利用料
Bizseek2013年10%

報酬額が10万円以下でも10%のシステム利用料なので、クラウドワークスと比べるとかなりお得。

サービス開始が2013年と比較的新しいサービスで、登録者数・仕事数はそれほど多くありません。

しかしライバルが少ないともいえるので、クラウドワークスと合わせて登録するのも案件を探す1つの戦略です。

Craudia(クラウディア)

Craudiaクラウディアは「株式会社 エムフロ」が2012年12月に開始したクラウドソーシングサービス。

サービス開始システム利用料
Craudia2012年・1円~5万円⇒15%
・10万円まで⇒10%

仕事形式は、クラウドワークスと同じで「タスク・コンペ・プロジェクト」があります。

システム利用料は、クラウドワークスと比べると少し安めな感じになります。

Lancers(ランサーズ)

ランサーズは、クラウドソーシング日本初のサービスを開始。

それ以降もクラウドワークスと並ぶ業界大手のサイトです。

サービス開始システム利用料
ランサーズ2008年16.5%

ランサーズの登録者数は、2021年時点で約170万人以上。

報酬獲得時に発生するシステム利用料は5~20%から、2022年10月1日以降は「一律16.5%(税込)」に改定されました。

案件の多さとサービス内容は、クラウドワークスと変わらないので、初心者でも十分に作業できます。

サグーワークス

サグーワークスは、「株式会社ウィルゲート」が運営する記事作成代行サービス。

サービス開始システム利用料
サグーワークス2012年なし

Webライティングに特化したクラウドソーシングサービスで、面倒なクライアントとのやりとりをしなくて済むメリットがあります。

また、報酬獲得からポイント換金まで全て無料のサービスも魅力。

ただ「案件が少ない」という口コミがあるので、サグーワークス1つで生計を立てるのは厳しいかもしれません。

フリーランスエージェント

  • 営業から契約締結までの業務を代行するサービス

クラウドソーシングとの違いは、作業の難易度は上がりますが、その分報酬や待遇面が手厚くなります。

これから3つのサイトを紹介します。

Midworks(ミッドワークス)

【midworks】は、給与保障があるフリーランスエージェント。

ミッドワークスの特徴
  • エンジニア・デザイナーの求人が多い
  • フルリモートの案件もある
  • 手厚い福利厚生

これまでは首都圏の求人が中心でしたが、2020年にMidworks大阪オフィスをオープンしたので、関西圏の求人も増え続けています。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、業界最大手のフリーランスエージェント。

高単価案件や非公開案件も多く扱っているサイトです。

レバテックフリーランスの特徴
  • 高単価案件が充実
  • 細かなサポートを受けられる
  • マッチング率が高い

サポートが充実しているため、フリーランス初心者でも安心して利用できますよ。

クラウドテック

クラウドテックは、株式会社クラウドワークスが運営するフリーランスエージェント。

ITエンジニア向けの開発案件に加えて、Webデザイナー・ライター・Webマーケター向けのフリーランス求人も豊富にあり、フリーランスで仕事を探している人たちの評判もいいです。

クラウドテックの特徴
  • 登録者数72万件以上
  • 週3・週4稼働案件が数多くある
  • フリーランス案件や副業探しにおすすめ

クラウドワークスである程度実績を積んだら、クラウドテックに移行するとスキルアップが期待できます。

まとめ:クラウドワークス初心者はお小遣い稼ぎ感覚で始めよう!

「クラウドワークス初心者は稼げない?」を紹介しました。

今回のポイントをまとめました

クラウドワークスで稼ぐための対策法

①プロフィール欄の充実
②タスク形式は早く卒業
③相場に見合う案件を探す
④とにかく応募する
⑤継続案件を勝ち取る

上記の対策法をクラウドワークスで実践していけば、現在より報酬を増やせるかと思います。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」は登録無料!

クラウドワークスで経験を積んで、次への選択肢の幅を広げていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました